楽器を弾くのが趣味なら防音室を作るのがベスト

男性

音を伝えにくい素材で

壁や床の内部に、音を伝えにくいパネルを挿入するという防音工事で、物音における悩みの解消が可能となります。また、コルクや発泡ウレタンのマット、フェルトシートなどの防音グッズを使った対策も、よく行われています。これらの場合、壁や床の表面に設置するだけで済みますし、費用負担も少なめとなっています。

周囲に気兼ねをせずに済む

部屋

騒音トラブルに役立つ

家の中で楽器を演奏をする人は防音室を造りましょう。今の時代、それが当然のことであり、マナーとなってきています。というのも、楽器演奏による騒音トラブルが巷で問題視されるようになってきているからです。楽器を演奏しない人にとっては、ただの騒音にしか聴こえないことからトラブルになってしまいます。そうならないようにするためには、演奏する側が気をつけるしかないのです。また、楽器演奏に限らず、室内でペットを何匹も飼っているとその声がうるさく感じられてしまうこともあります。子どもがたくさん居てその声がうるさいと不快に感じる隣人も居るものです。いずれにしても、防音室を造っておけば外に音が漏れることはなく、安心して室内でも騒ぐことができます。多少なりとも騒音トラブルに不安を感じる人は、思い切って防音室を一部屋だけでも造ってしまった方が安心です。もちろん、費用がかかります。まずは費用を調べてみましょう。防音室は既存の住宅でも造ることができます。壁と壁の間に緩和剤を入れることで音を吸収してくれるのです。このような工事をしてくれる専門業者を探してみましょう。また、新築住宅を建てる場合には、あらかじめ防音室を造っておくと安心です。特にピアノやバイオリン、ドラムといった楽器を室内で演奏する予定があるのなら、その方が無難です。後から緩和剤を入れるよりも楽に防音室を造ることができます。業者はたくさんあるので、見積もりを出してもらい、複数業者を比較しましょう。

家

費用を比べてみる

防音工事は一室だけなのか、家全体なのかによって費用が異なってきます。また、使う材料によっても違ってくるので、よく業者を比較しましょう。できれば新築を建てる時に最初から工事をしてしまった方が楽ですが、リフォーム時でももちろん可能です。

ドラム

部屋で楽器を演奏したい

ドラムなどの打楽器を自宅で演奏するためには防音工事を施す必要があります。防音工事といってもその種類はさまざまで、工事を依頼する際には演奏する楽器を伝えて、その楽器に見合った防音工事を行ってもらうことが失敗しないためにも重要です。